トップ  >  八高野球部の歴史

 八雲高校野球部の歴史

 

 全道大会出場

 

 旧制八雲中学の伝統を引き継ぐ形で、戦後の昭和20年秋に野球部が創部されて60年余りが過ぎました。

 この間、昭和22年・昭和25年・昭和50年と三度の全道大会に出場しておりますが、特に、昭和22年の道南大会では前年度全国大会に出場した函館中学(現函館中部)を大差で破り、全道大会に地区第一代表校として出場(準優勝校函館工業と2校)。

 全道大会では、1、2回戦を圧倒的な強さで勝ち進んだものの、札幌一中(現札幌南)との準決勝においてまさかの敗退、甲子園の夢を果たすことができませんでした。

 皮肉にも函館工業が優勝、甲子園に出場を果たしております。

 しかしながら、三度目の全道大会出場を果たした昭和50年を最後に今日まで、球運かなわず不本意な戦績に終わっている現状にあります。

 

 昭和22年出場(1回目)

 

◆1回戦 S22.07   八雲中対滝川中 13対8 勝利

 

◆2回戦 S22.07.29   八雲中対旭川中 12対2(コールド) 勝利

  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 合計
八雲 0 1

12

旭川

2

 

◆準決勝 S22.07.30   八雲中対札一中  3対6 敗戦

  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 合計
八雲 0 0 3
札一 4 6

 

◆八雲中はエース温存が裏目、4回表に札一中の山内に満塁ホームランを浴びる。
 八雲追いかけるも届かず打ち負ける。
 

 

 昭和25年出場(2回目)


◆1回戦 S25.07.26    八雲高対旭川北高  8対5 勝利

  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 合計
旭北 1 0

5

八雲

2 X 8

 

◆2回戦 S25.07.27   八雲高対小樽緑陵 3対10 敗戦

  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 合計
小樽 2 0

10

八雲

0

3

 

◆2回目の全道大会は地区大会を函館有斗を破り決める。

 全道大会でも1回戦は旭川商業に打ち勝ち、勝利を射止めたが、2回戦小樽緑陵には大敗を期してしまう。

 

 昭和50年出場(3回目)

 

 高打率誇る下位打線

 

 「八雲はよく打つな」。地区予選期間中、スタンドのファンの間にこういうささやきが、そこここで聞かれた。

平均身長168センチと、ずば抜けて体力に恵まれた選手もいないが、試合が始まるとまるでバッティングの練習のように打ち出す。

 打線に切れ目のないのが強味で、とくに小黒、宮田、保原のクリーンアップは鋭い振りをしている。また下位打線が他のチームならクリーンアップを組めるほど好調で、今予選中7番の八丁の打率が14打数7安打で5割、岩本が14打数5安打で3割5分7厘と驚異的。2回戦の大野農戦では、2番稲垣が連続3本の三塁打を放ち、観衆をあきれさせるほどだった。

 投げてもエース岡田が好調で、175センチ、62キロの長身から投げおろす外角低目の直球と、内角高目にホップする得意球で要所を抑えた。全員が野球が好きでたまらない”虫”だが、稲垣はシーズン・オフには友だちとエレキバンドを楽しみ、学校の文化祭にも出演する人気者。宮田右翼手は料理が得意で、ときどきすすんで夕食の支度をするこまめさもある。また菅原一塁手はお寺の長男で、1年生の時からの神経痛を克服、毎朝ホウレン草の生汁とレバーを食べ、野球にかけている。石田司監督はチームを指して「努力する素人の集まり」といいながらも、きつい練習jにも最後まで食いついてくる選手たちを見る目はやさしい。

(大会パンフレットから引用)

 

◆1回戦 S50.07.20   八雲高対札東海 4対3 勝利

  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回 12回 合計
札東 0 2 3
八雲 0 0 2X 4

 

◆延長12回裏。八雲一死二・三塁。0 - 1から振った岩本の打球は三塁手横のライナー。
一塁側、八雲応援団から思わずため息がもれる。
しかし、三塁手のグラブに収まると思った打球が、ファウルグラウンドへ大きくはじかれ、三塁から大泉が、二塁の八丁も三塁をけって本塁へ。
25年ぶりに中島の土を踏んだ八雲のあざやかな逆転勝ちだった。

 

◆新聞記事 : 昭和50年07月21日  高校野球 道大会   (北海道新聞提供)

 

◆2回戦 S50.07.22   八雲高対美唄南 2対3 敗戦

  1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回 10回 11回 12回 13回 14回 合計
美南 0 0 3
八雲

0

0 0 1 0 0 0 1 2

 

◆1 - 1のまま延長にもつれ込んだ14回表、美唄南に2点をリードされたが、その裏二死後、稲垣・宮田の長短打で1点を返すと「よーし、行け行け。野球はツーアウトからだ」「逆転サヨナラだ。たのむぞー」と全員総立ちで大漁旗を打ち振って声援を送った。
しかし、無念にも後続打がなく1点差で敗れると、さすがにがっくり。
目頭を押さえて残念がる応援団の姿も多く見られた。

 

◆新聞記事 : 昭和50年07月23日  高校野球 道大会   (北海道新聞提供)

◆第57回全国高校野球選手権大会 南北海道予選大会 中島球場 パンフレット (3.62MB)

プリンタ用画面